二人セゾンって?

2016年11月30日(水)に発売された、欅坂46の3枚目のシングル「二人セゾン(ふたりせぞん)」。デビューシングル「サイレントマジョリティー」から3作連続のオリコンランキング首位記録を更新した「二人セゾン」は、初週で44.2万枚を売り上げ、欅坂46自身が持つ2枚目のシングル「世界には愛しかない」の売り上げ記録を大幅に上回りました。

 

二人セゾンのテレビ初披露

 

「二人セゾン」がテレビで初披露されたのは、2016年11月26日(土)放送のTBSの音楽番組「CDTV」でのことでした。

 

菅井友香の掛け声から自己紹介が始まった欅坂46。

 

【菅井 友香「CDTVをご覧の皆さん、こんばんは。

せーの!」

 

全員「欅坂46です!」

 

菅井 友香「11月30日に私たちのNEWシングル『二人セゾン』が発売になりまーす!」】

 

今回の曲でもセンターを務めるてちこと平手友梨奈さんは「二人セゾン」についてこのように述べました。

 

【「この曲はメロディーはすごく明るいんですけど歌詞がすごく切なくて、ミュージックビデオが今までカッコいい系だったんですけど、初めて明るくて青春感のあるミュージックビデオとなっています」】

 

二人セゾンに土生タワー登場?

 

しかし、いざ欅坂46の「二人セゾン」の楽曲披露が始まると、「これ『土生タワー』じゃない?」の声が…

 

「土生タワー(はぶたわー)」とは、8月21日(日)に放送された欅坂46の冠番組「欅って、書けない?」の中の企画「インテリvsおバカちゃん 夏企画バトル!」から誕生した言葉です。

 

メンバーが投げた浮き輪をキャッチし、どれだけたくさんゲットできるか?という勝負だったのですが、土生瑞穗(はぶみづほ)さんが他のメンバーとは比べ物にならないほどたくさんの浮き輪をゲット!あまりにもたくさんの浮き輪をゲットしたのですが、高さがなんと隣に立っている平手さんの2倍の高さにもなりました。そこからMCを務める土田晃之さんとハライチの澤部佑さんが「土生タワー」と命名。ファンの中でも話題となりました。

 

「二人セゾン」の曲の冒頭では、平手さん以外のメンバーが集まり、欅の木を作りますが、その姿が「土生タワー」だと言われてしまいました。

 

しかし、実はこの欅の木のてっぺんを務めているのが土生さんだと、土生さん自らがブログで発表!その時のブログがこちら。

【『二人セゾン』のMVで

メンバー全員の手を集めて

欅の木を作っているのですが

実は土生。その木のてっぺんを

務めさせて頂いております (笑) (笑) (笑)】

 

二人セゾンのダンスがダサい?

 

そんな中、土生タワー以上に注目を集めたのが、センター・平手友梨奈さんのソロダンスでした。

 

Cメロの部分で、平手さんはセンターポジションで一人だけ周りと違うダンスを踊ります。そのソロダンスに「ヲタ芸みたいでダサい」「たこおどりかな?」「恥ずかしくて直視できない」と辛らつな評価を下す人も。

 

しかし、それ以上に「神がかっている」「かっこよすぎて鳥肌が立った」など平手さんのソロダンスを絶賛する声がたくさんありました。

 

「二人セゾン」の振り付けを担当したのは、「サイレントマジョリティー」「世界には愛しかない」から引き続き、世界的ダンサーのTAKAHIROさん。11月20日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」で、TAKAHIROさんはダンス経験のあまりない欅坂46メンバーでもかっこよく見えるように計算して振り付けを作っていると発言していました。

 

 

ダンスのかっこよさでは他の48・46グループに引けを取らない欅坂46。次のシングルでも欅坂46のかっこいいダンスが見られるといいですね。