島崎遥香が卒業する理由は?CMとの関連は?指原との関係は?

snapcrab_noname_2016-9-20_17-48-33_no-00

AKB48の人気メンバー島崎遥香が卒業することを発表しました。

「塩対応の極み」だという声もありますが、

実際に卒業する理由はどういったものなのでしょうか?

テレビCMが卒業をほのめかしていたとの噂もありますが。。。


sponsored link
 

 

島崎遥香が卒業する件

snapcrab_noname_2016-9-20_17-48-45_no-00

2016年9月15日に新聞各社が報じた「ぱるるの卒業」により、

一気に話題性が高まり時の人になりつつある島崎遥香。

元々「塩対応」で有名だったのですが、

ファンの声を無視しての卒業は「塩対応の極み」だと言われています。

「極み」という言葉を使うところがネットのゲスいところですね笑。

 

 

そしてこの卒業報道は実はまだ確定のものではなく、

ただの噂にすぎないんですよね。

なのでまだ「卒業するかも」という時点ですので、

理解したうえで読んでいただければ嬉しいです。

 

 

しかし島崎遥香の卒業は、調べれば調べるほどに信憑性があり、

過去の言動を見ていくと卒業もリアルだなあと思えてきます。

卒業をにおわせる過去の言動をまとめてみました。

 

 

卒業をにおわせる言動

snapcrab_noname_2016-9-20_17-48-53_no-00

そもそも塩対応そのものがアイドル活動に対して興味が無いことを匂わせているようですが、

実際にアイドル活動に力を入れていない証拠となる発言があります。

 

 

2015年6月にロンブー淳さんに「いつからアイドルをしたいと思ったの?」と聞かれ、

「そういうのはないんです。辞めてもいいです、今。」と答えていたそうです。

地上波で言っちゃうあたりなんだかすごいですね。笑

snapcrab_noname_2016-9-20_17-53-34_no-00

snapcrab_noname_2016-9-20_17-53-43_no-00

 

また6月30日に行われたAKB48ドキュメンタリー映画の上映会にて、

「高橋みなみさんや小嶋陽菜さんなどの先輩を見てどう思いますか?」

「皆それぞれ卒業後の道があって、私もいつかは、

皆もそうですけど卒業というものが訪れる時が来るので、

私の将来はどうなるんだろうって楽しみにもなりました。」

と答えているんです。

 

 

ロンブー淳さんとの会話の時は「辞めてもいいです、今。」と感情的になっているようにも取れますが、

2016年6月30日は「卒業後の未来が楽しみです」とだいぶ落ち着いたような気もしますね。

そして2016年9月15日に卒業報道に至りました。

 

 

卒業報道の9月15日に向けて、だんだんコメントが固まりつつあり、

リアリティが増してくるぱるるの卒業ですが、

島崎遥香の卒業を決定的と思わせるものがこちらのCMです。

2016年9月12日から放送されている「バイトル」のCMです。

 

 

カフェのバイトをしている島崎遥香がバイト先を卒業し、

後輩と話しているシーンです。

 

 

「ぱるるさん、辞めちゃうんですか?」

「ここで色々経験して、やりたい夢が分かったの。

だから辞めるんじゃなくて、卒業だよ。

次に進むことに決めた!」

「この経験が夢につながる!」

という言葉で締めくくられていますね。

 

 

このCMにより卒業がリアルになってきたんです。

2016年9月15日に向けてどんどんリアルさが増しますね笑

このCMが島崎遥香の卒業の前振りとなっていたというのが今回の噂のきっかけなんです。

 

 

この記事を書いている時点ではまだ卒業確定ではないですが、

卒業するとしたらどういう理由で卒業するのでしょうか?

 

 

島崎遥香の卒業理由

snapcrab_noname_2016-9-20_17-49-35_no-00