ゆるめるモ!

■はじめに

当ブログでも何度か登場しているアイドルグループ「ゆるめるモ!」ですが、
そういえば、アイドルのライブでは欠かせない「コール」については一度も触れたことが
なかったな、、と新たな紹介記事の題材気が付いたのは先日のことです。

昔から、アイドルや女性歌手の歌にはいわゆる「合いの手」が挿入される事は、もはや
お約束になりつつあります。

この「合いの手」が現在では「コール」という呼び名で受け継がれています。

現在活躍されているアイドルのライブでもそれは健在で、いやむしろ以前より洗練された
形で継承されているのではないかと私は推測します。

アイドルのみならず、近頃では声優のライブにおいてもコールは盛んに行われていて、
ファンとステージ上の演者との一体感を深めるツールとして働いているように思います。

■ゆるめるモ!とは?

ゆるめるモ!2

当ブログにて何回か紹介させて頂いております ゆるめるモ! ですが、
改めて彼女たちの簡単なプロフィールを紹介させて頂きたいと思います。

ゆるめるモ!は、けちょん、しふぉん、ようなぴ、あの の4名で構成された
複数人アイドルグループです。自らのジャンルを「ニューウェーブ」として
標榜するのが彼女たちの1つの魅力でしょうか。

2012年に活動を開始し、幾度かのメンバーチェンジを経て現在に至るようです。
聞くところによると、メンバーや運営関係者に誰一人としてなんらかの事務所に
所属していたりすることはなく、いわば完全なるインディペンデントでの活動を
モットーにしているようです。

そんな彼女たちのキャッチフレーズは

「みんなのハートをゆるめにきました!私たち、ゆるめる、モ~!」

であるとのこと。

なるほど、ハートをゆるめるからゆるめるモ!でしたか。

■代表的なコールとは?

と、ここで実際にライブの場でコールが行われているところを見ていただきたいと
思います。

(筆者が知る限りの情報なので、ジャンル、新旧などは多少入り混じりますが)

まずはこちら。

 

こちらの動画をご覧いただければ「コール」と呼ばれているモノがどういうものかは
だいたいご理解頂けると思います。

たこやきレインボー

こちらはたこやきレインボーというアイドルグループのライブ映像です。

さらにもう1曲紹介させて頂きたいと思います。

こちらは、さきほどと同じくたこやきレインボーのChocolate Burningという楽曲です。

こちらは先ほど紹介させて頂いたものとは少し種類が違うコールとなっておりますが、
オーディエンスのコールがところどころで聴こえますね。

 

上記のようなライブなどで行われるコールについて独自の研究結果を発表している
ウェブサイトがあったので紹介しておきます。

http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51386722.html

なかなか興味深い考察で、コールについての理解が深まるのではないかと思います。

■ゆるめるモ!のライブでのコールを紹介

ゆるめるモ!3

ここでようやく本題です(笑)

ゆるめるモ!のライブではコールは行われているのでしょうか?
それについての記述がないか、少し調べてみました。

http://ameblo.jp/gakido-69/entry-12020952051.html

ゆるめるモ!のコールについて調べていると、上記のようなサイトが
見つかりました。

どうやら、こちらでは、コールというよりもMIXについての解説がされているようです。
ミックスとは、、まぁこれも様々な定義があるのですが、一言で言い表すならば、
曲の前奏や2番に行く前の間奏中に

「タイガー、ファイアー、サイバー、ファイバー、ダイバー、バイバー、、ジャージャー!」

という掛け声を入れているところを見たことはないですか?

あれをミックスといいます。
これの起源は諸説ありますが、一説によれば、なんでも洋楽のロック文化に端を発する
ようなのです。あまり詳しく言及すると、当記事の本題からそれてしまうので今回は
割愛させて頂きたいと思います(笑)

上記のサイトを見る限り、曲ごとに様々なパターンがあり、しかもかなり綿密に
作りこまれているような印象を受けます。

詳しいコールについての記述を発見することはできませんでしたが、少なくとも
綿密に練られたミックスでオーディエンスが参加できる曲が多数あるという事は
確認できました。

恐らく、実際のライブに行ってみないと詳しいことはわからないのかも知れません。
もし、私がゆるめるモ!のライブに参戦する機会がありましたら、必ずこの記事の
続報として、詳細なレポートをお届けすることを約束致します。