【アイドル刺傷事件】冨田真由の目が失明はデマ?現在の容態は?

SnapCrab_NoName_2016-6-15_1-13-40_No-00

ファンとの交流会に参加していた冨田真由さん

元ファンにより刃物で刺された事件が発生しました。

その際に目を刺されて失明しているとの噂があります。

現在の容態とともに調べていこうと思います。


sponsored link
 

 

アイドル刺傷事件の概要

2016年5月28日に、とある事件が発生しました。

東京小金井市の雑居ビルの一角で

ファンとの交流会に参加していたアイドル冨田真由(とみたまゆ)さんが

元ファンの男に刃物で刺されるという事件です。

 

このファンの男は冨田真由さんに対して

ツイッターで執拗に絡みまくり

頻繁にメッセージを送っていたということです。

 

実際に冨田真由さんを指すに至った理由で、

「贈り物を返されたから刺した」と答えています。

その時のメッセージの一部を添付しますのでご覧ください。

君を嫌いな奴はクズだよ。“という名前が容疑者の男です。

SnapCrab_NoName_2016-6-15_0-48-48_No-00

SnapCrab_NoName_2016-6-15_0-48-59_No-00

SnapCrab_NoName_2016-6-15_0-49-27_No-00

 

このツイートから全てをうかがい知ることはできませんが

容疑者の男は以前から頻繁に冨田真由さんに贈り物をしていて

それを無視されていたということでしょうか。

SnapCrab_NoName_2016-6-15_1-13-47_No-00

そうなんです。

冨田真由さんは5月9日に武蔵野警察署に相談していたんです。

「SNSへの執拗な書き込みをやめさせてほしい」との旨でした。

 

この時は「書き込みが本人かどうかの調査が必要だから」

特に有力な対応はなかったということです。

その19日後に今回の事件が起こってしまったということです。

 

今回の警察の対応について批判の声があがっていますが

実際のところストーカー規制法というのはどれくらい効力があるのでしょうか?

すこし調べてみました。

 

冨田真由さんの目が失明した?

報道によると、

容疑者の男は冨田真由さんの首や胸などを20箇所以上を刺したとされています。

 

現在は凍結されていますが容疑者のブログには

「アイツ死ねばいいのに」「殺したい、殺したい、殺したい」

「犯罪します」など事件を匂わせるような書き込みがありました。

 

先ほどのツイッター然りこのブログの内容然り

客観的に見ると恐怖でしかないです。

 

この内容を見せたのに警察は動いてくれなかったのでしょうか?

何かあってからでは遅いと思います。

事前に前もって守ってあげる必要があったのではないでしょうか?

 

 

この時に刺された実際の箇所は以下のとおり。

 

左胸 3回
右胸 2回
左目 4回
右目 1回
首  7回
口  3回

 

書いているだけで嫌な気持ちになりますが

こんなことをしてしまう人が実際にいるんですね。

悲しいですがそれが現実です。

 

 

御存知の通り左胸には心臓がありますので

そこを刺してしまうと心臓がヤバイです。

 

 

そしてそこから2週間ほどの間意識がなくなり

病因に入院することになりますが

生きているだけでも奇跡のような状態だったそうです。


sponsored link

 

現在の容態は?

 

現在は意識も戻り容態も安定しているとのことですので

とりあえずは一安心です。

ですが案じられるのは今後です。

SnapCrab_NoName_2016-6-15_1-13-55_No-00

心臓が無事だったとしても目に受けた傷はどうなるのか、

ネットでは「失明しているのではないか」との声もあり

冨田真由さんを心配する声が多くあります。

 

 

しかし実際の報道では

目は刺されていないのではないかとの声もあります。

 

週刊現代によると

「腕や背中などを刺されていたが、顔だけはほぼ無傷」

との記事が挙げられています。

 

もしこれが本当ならば

失明している可能性はなくなるのではないでしょうか?

 

 

よかったと心から思います。

意識が戻り心拍数も安定してきたそうなので

詳細は時期にわかるということです。

 

なんにせよ生きていてくれて本当に良かったです。

無事でいてくれて良かったです!